Suppon Life

低分子コラーゲンと高分子コラーゲンの違いは何?そしてその効果は?

スッポンにも豊富に含まれているコラーゲンは動物等の骨や皮にある成分で、ゼラチンもコラーゲンの1つです。
コラーゲンには高分子コラーゲンと低分子コラーゲンがあり、高分子コラーゲンは肉等の食物から摂取出来ますが、身体の吸収率は低く、そのまま身体の外に排出されてしまいます。

以前はコラーゲンと言えば、この高分子コラーゲンを指す事がほとんどで、コラーゲンは経口摂取しても効果が薄いと言われていました。
しかし一方の低分子コラーゲンは体内でコラーゲンを作るに重要なヒドロキシプロリンが効率良く吸収出来る様になっており美容に有効なので現在コラーゲン入りの商品は低分子コラーゲンが多く使われています。

低分子コラーゲンはコラーゲンペプチドとも呼ばれています。
低分子コラーゲンは美容効果に対する期待からゼリーやサプリメント、化粧品、飲み物等様々なものに使用されています。

飲み物は1番効果がある様ですが、低分子コラーゲンが豊富に含まれている分、高額なものが多いです。
ゼリーは飲み物よりは比較的値段が安価に設定されているものが多く食べやすいものが出ています。
粉末状のサプリメントは液体に溶けやすく他の食べ物や飲み物に混ぜる事が出来て便利です。

ただ効果は人によって異なります。
色々なメーカーや形状を比較してみて、自分に合ったものを探しましょう。
美容効果を期待するなら継続出来るものを選びましょう。

トップに戻る