Suppon Life

低分子と高分子のコラーゲン

コラーゲン製品が増えてきました。
低分子と高分子のコラーゲン、どう違うのでしょうか。

それは名前の通り、分子が低い(小さい)のが低分子、分子が高い(大きいまま)なのが高分子です。
食品などで摂ることが出来るコラーゲンはみな高分子です。
分子が大きいために吸収されにくく、体にとどまる時間も長いのが特徴です。
ただし即効性がないため、もっと小さい分子にする必要が生じて、低分子のコラーゲンが開発されました。

大きいままのコラーゲンは体の中で一度アミノ酸に置き換えられてから、一部がまたコラーゲンになるため、効率が悪いという欠点があります。
高分子は本来の性質はそのままなので、温かいものに混ぜると固まります。
消化吸収が悪いせいで、免疫システムを刺激して自分の体にコラーゲンを作る命令を出させ、結果的に増やすことが出来ます。

一方、人工的に細かくしたコラーゲンは、そのまま吸収されてまたコラーゲンとして働くことが出来るので即効性があるのです。
厚いものに混ぜても固まることはなく、肌の角質まで浸透すると言われ、美肌目的の化粧品やドリンク、サプリメントで利用されるようになりました。

高分子、低分子、どちらも免疫力をアップさせる効果があるので、スッポンやエイひれ、豚肉などの食物から高分子、加工製品から低分子など、どちらも摂ることが出来ると効果がさらに上がると言えます。

トップに戻る