Suppon Life

国産のすっぽんサプリメントを選ぼう

すっぽんは太古の昔からその姿を変えずに生き残っている亀の一種です。
すっぽんが健康食品として珍重されるようになったのは三千年以上も前の中国のことですが、まだ化学分析ができないような昔からすっぽんの効果は目に見えて素晴らしいものがありましたので、漢方薬と同じ扱いをされていました。

すっぽんは日本でも縄文時代から食されていましたが、食材として庶民の間に確立したのは江戸時代になってからのことです。
この時代はすっぽんが豊富に摂れましたので現在のような高級食材ではなかったようですが、その後生息環境の変化により天然のすっぽんはなかなか摂れなくなりました。

それだけ環境に左右されやすい生き物ですから、すっぽんを健康食品として考えた場合、やはりできるだけ自然に近い環境でのびのびと育てられたすっぽんを原料にした物の方が効果は高いと考えられます。
すっぽんはアジア全域に生息していますが、国により、その環境により少しずつ種類が違うという特徴がありますので、すっぽんサプリを使用する際には純国産の物を選んだ方が良いでしょう。
今では国内のいろいろな地域ですっぽんが養殖されていますが、日本のすっぽん養殖は主に南太平洋沿岸地域で行われ、静岡や大分県が有名です。

幸いすっぽんは体に余分な脂や毒素を溜め込まない構造をしていますので、養殖物と天然物でも内容成分にさほど変わりがない生き物です。
江戸時代から人気のすっぽんはやはり国産物ですから、すっぽんのサプリメントを購入する際はかならず原産国を確認するようにしてください。

トップに戻る