Suppon Life

黒酢とすっぽんの相性

すっぽんに含まれているタンパク質である良質のコラーゲンは吸収率がよく、女性にとっては美肌やダイエットなどの美容効果を期待できるものです。
すっぽんにはコラーゲンや、コラーゲンの元にもなる各種アミノ酸が他の食品と比べても群を抜いて豊富ですし、他にもビタミンや鉄分や亜鉛、ミネラルも豊富に含んでいる栄養満点の食材です。

すっぽんから摂取できるコラーゲンを無駄にすることなく最大限体内に取り込むためにはビタミンCやクエン酸が非常に相性が良いとされています。
タンパク質であるコラーゲンを体内で生成して美容効果を得るためにはたくさんのアミノ酸が必要となるうえ、コラーゲン生成のためにはビタミンCもアミノ酸と同じくらい欠かせない成分です。
経口摂取したすっぽんのタンパク質やコラーゲンをしっかりと体内に取り込んで効果を実感できるようにするためには、体内でコラーゲン生成や再生成サイクルを活性化させる必要があります。
その意味で、すっぽん自体からタンパク質やコラーゲンだけを大量に摂取するよりも、同時に柑橘類やお酢などに含まれるビタミンCやクエン酸を一緒に食べることは効率よくコラーゲン生成させるポイントとなるのです。

通常のお酢よりも良質のアミノ酸を豊富に含んでいる黒酢はすっぽんととても相性がよく、相乗効果が期待できるものとして注目されています。
黒酢には疲労回復効果、コレステロールの減少、ダイエット効果といった高い健康効果があります。
身体が必要とするたくさんのアミノ酸はすっぽんと黒酢によってすべて網羅できてしまううえに、効率よく成分を吸収できる組み合わせなのです。

さらに、より効果を高めるためには摂取するタイミングも大切です。
体内でコラーゲン生成サイクルが活性化するのは睡眠中です。
特に夜の10~2時頃がもっとも新陳代謝が活性化するといわれています。
したがって夜寝る1時間くらい前にすっぽんとクエン酸を摂取するのが最も効率が良いといわれています。

トップに戻る