Suppon Life

すっぽんの脂肪は不飽和脂肪酸だと知ろう

すっぽんの脂肪が不飽和脂肪酸であることは多くの人にとって良い報せです。
通常では動物性食品に含まれる飽和脂肪酸の過剰摂取はLDLコレステロールを増加させるので要注意ですが、不飽和脂肪酸は逆にLDLを減らす働きがあるのです。
「不」という文字が頭についていることに注目しましょう。

すっぽんの脂肪は不飽和脂肪酸で、あらゆる意味で身体に良い成分なのです。
多くの場合動物性脂肪は摂取し過ぎると生活習慣病の原因になりますが、すっぽんの場合が動物性ですが植物性に近く、オイレン酸やリノール酸、あるいはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸なのです。
これは魚類が含む不飽和脂肪酸と極めて近いものです。

ところで不飽和脂肪酸と言う言葉が先ほどから出ていますが、これは複数の不飽和の炭素結合構造の脂肪酸のことです。
不飽和炭素結合を説明すると、炭素二重結合または三重結合のことで、天然に存在する不飽和脂肪酸は脂肪中の飽和脂肪酸と置き換わると脂肪の特性に変化をもたらします。
と言いましても分かりにくいと思いますが、言い換えると不飽和脂肪酸が身体に良くかつ必要なさまざまな成分を作り出すのです。
その例がリノール酸やオレイン酸、あるいはDHAやEPAという成分です。

リノール酸は、血液中に多く存在する悪玉コレステロールを下げる役目を果たす脂肪酸です。
またオレイン酸は、動脈硬化や高血圧などを引き起こす悪玉コレステロールを除去する作用で身体を守ります。
これらの成分がすっぽんにはたくさん含まれているので身体に良く健康にも良いのです。
付け加えますとお酒の飲み過ぎで弱った肝臓機能を助けますし、加齢で衰えた肌を回復させる作用もあります。

すっぽんにも脂肪があり、それが人体に必要でありかつ良い作用をする不飽和脂肪酸であることが知られています。
すっぽんには二日酔いの原因である肝機能を助けたり、肌の潤いを取り戻したりとさまざまな効果があることが知られています。
重要な効果が沢山含まれているものになります。

トップに戻る