Suppon Life

すっぽんの美味しい食べ方のご紹介

すっぽんが手に入ったら、ご家庭で調理して食卓に出しても良いでしょう。

すっぽんの美味しい食べ方としては、まずは鍋が挙げられます。

頭を切って血を抜いたら解体していきます。
身の部分を甲羅からはずし、内臓を取り除きます。
身の部分は、案外簡単にカットできて、魚をさばくよりも簡単です。
鱗が飛び散ることもないため、台所が汚れることもありません。
女性でもできるので、見た目に抵抗がなければぜひ試してみてください。

熱湯をかけて、体表を覆っている薄皮を剥がしたら下準備の完成です。
適当にカットして、土鍋に入れてください。
他に豆腐や長ネギ、白菜を加えたら、火が通るまで煮込んでいきます。

味付けは醤油だけでも十分です。
濃厚で深い味わいがして、煮込むほど旨みが増していきます。

鍋以外では、から揚げもおすすめです。
にんにくと生姜、醤油に漬け込んだあと、片栗粉や小麦粉をまぶして揚げていきます。
身はとにかくジューシーで、噛むと肉汁があふれ出します。
鶏肉にはない歯ごたえも感じられるため、少量でも満足感が得られます。

すっぽんの塩焼きもシンプルですがおすすめです。
手や足に塩を強めにふり、網の上でじっくり焼いていきます。
皮が気持ち悪いと感じるかもしれませんが、パリパリになるまで焼けば、鶏皮のようにサクサクした食感になります。

すっぽんは秋に旬を迎えます。
脂がのっていて、一番美味しい時期なので、手に入った時には上記のような料理を試してみてください。

トップに戻る